私が【駐夫】になった理由とは?

Apple careよりも安い!?家族で使ってもお得!iPhoneなどの大事なガジェットに【モバイル保険】をどうぞ!

Apple careよりも安い!? 家族で使ってもお得! iPhoneなどの大事なガジェットに 【モバイル保険】をどうぞ!

こんにちは!ひろ@です。

皆さんの生活に欠かせないものはたくさんあると思いますが、スマホは現代人にとって必須のツールですよね。

年々高額化していくiPhoneなどのスマホや、その他ガジェット機器…。日本人であれば、iPhoneの使用率が高いと思いますが、毎回購入する度に悩まされるのが「保険」の問題。

ただでさえApple製品は高い買い物なのに、その購入直後に叩きつけられるApple careの価格の絶望感(笑)。正直割高だなと思いませんか?

今回はApple careに代わる選択肢がないか探していたところ、モバイル保険というとてもリーズナブルなガジェット専用の保険があることを知り、契約してみました!


ひろ

本稿は、モバイル保険のサービス概要とApple careとモバイル保険のを比較してみたいと思います!iPhoneに限らず、その他機器をお使いの方もご覧ください!

モバイル保険とは?

サービス概要

モバイル保険とは、月々700円の保険料で、iPhoneだけではなく自分が持っているガジェットを3台年間10万円まで補償してくれるサービスです。

補足すると、主端末1台、副端末を2台まで登録することができます。この3台の修理費用が10万円以下であれば、何度でも補償可能というわけです。

  1. 主端末(最大10万円まで補償)
  2. 副端末(最大3万円まで補償)

我々夫婦も過去に各々1回以上、iPhoneを落として画面を割っています…日本って画面バキバキなのにそのまま使い続けている人多いですよね(笑)

メモ

契約者個人のデバイスだけではなく、家族の端末もOKです!私達も夫婦のスマホを登録しています!

※ただし家族本人が使用している端末に限ります。

対象機器

対象となるのは「新規取得から1年以内の無線通信が可能な端末」となります。

補償端末

調べたところ、Wifiが繋がる機器やBluetooth接続ができる機器であればOKとのことで、上記の機器の他にもデジカメ、Bluetoothキーボード、ワイヤレスプロジェクターなども大丈夫です。

特にスマホなど日頃持ち歩いたり、スマートウォッチのような常に身につけて故障可能性の高いものが良いかもしれませんね。

対象事故

補償されるのは「破損・損壊・水濡れ全損・故障・盗難」です。

免責事項(一部抜粋)は以下をご覧ください。

保険対象外のトラブル

  • 自然の消耗、劣化、変質、さび、かび、腐敗、浸食、ひび割れ、はがれ、肌落ち、ねずみ食い、虫食い
  • 端末の欠陥によって生じた損害
  • 置き忘れまたは紛失によって生じた損害
  • 地震、噴火やこれらによる津波によって生じた損害
  • 水災によって生じた損害
  • 台風、旋風、暴風、暴風雨などの風災によって屋外に置いていた端末に生じた損害
  • 購入から1年以内のメーカー責による故障
  • 日本国外で生じた損害

キャッシュレスリペア可能

現在iPhoneとGoogle Pixelが対応しているサービスです。

提携しているキャッシュレスリペアパートナーを通すと、持ち出し無しで修理をすることができます。通常は自分が一度立て替え→保険金請求です。

東京であれば、iCracked storeやAppbank storeなどが対応しています。

注意
Apple以外での修理を行うと、メーカー保証などが受けられなくなるデメリットがあります。使い終わったあとに下取りなどに出すことを考えていらっしゃる方は注意しましょう。

比較!Apple careとモバイル保険

比較

さて、Apple careとモバイル保険の比較をしていきましょう。ここでは家族のiPhoneを2台分の保証について、それぞれどの程度のコストがかかるのかを見ていきたいと思います。

ちなみに一番多いトラブルであろう画面修理の価格は以下価格です。(2019年12月現在)現在お使いの方が多いであろうiPhone7までの価格です。

iPhone画面修理

ご参考として、その他故障の修理料金も載せておきます。

iPhoneその他修理

此方のシミュレーションでは、「一年のうちに夫婦で一度ずつiPhoneの画面を割ってしまい、修理をする」というケースを考えます(Apple care+は盗難・紛失プランで想定)。※筆者の端末:iPhone 11 Pro+妻の端末:iPhone 11で計算します。

iPhone修理業者のブログでも一番多い以来は「画面割れ」の修理とのことです。 私も以前転んでiPhoneを落とし画面がバキバキになりました(笑)

ひろ妻

Apple care

Apple care+の加入料金は以下を御覧ください。※価格は税別です。

Apple care+Apple care+盗難・紛失プラン
iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro Max

iPhone XS

iPhone XS MAX

iPhone X

22,800円24,800円
iPhone 11

iPhone XR

iPhone 8 Plus

iPhone 7 Plus

16,800円18,800円
iPhone 8

iPhone 7

14,800円16,800円
Apple care+の場合
  1. Apple care+を2人分加入:43,600円
  2. 画面修理費用:3,400x2=6,800円
  3. 合計:50,400円

ちなみにApple care+の場合、バッテリー交換が無料でできますので、故障がなくても7,400x2=14,800円分は取り返せることにはなります。

ひろ

iPhone11発表と共に盗難・紛失プランが発表されました。これは勿論落としたときのために便利だとは思いますが、iPhoneは設定さえしていればiCloud経由で場所が分かりますので紛失リスクは低いと思います。筆者もこれまでに5回ほどiPhoneを落としたことがありますが、いずれもiCloud経由で見つけ出しております!

モバイル保険

対して、モバイル保険はどうか?

※Appleで修理を行い、後に保険金を請求した場合を想定+筆者のiPhone 11 Proを主端末、妻のiPhone 11を副端末に設定。

モバイル保険の場合
  1. モバイル保険に加入:700x12=8,400円
  2. 夫婦のiPhoneの画面損傷・交換修理:-66,200円(-35,800-30,400)
  3. 保険金請求:+65,800円(副端末のリファンドが3万円までのため)
  4. 合計:8,800円

モバイル保険の場合バッテリー交換は保証対象外ですが、その分を考えても圧倒的にモバイル保険のほうがリーズナブルに思えます。

ひろ

画面の修理という一番多い故障に関しては、圧倒的にモバイル保険のほうがお得ですね!

画面以外の修理の場合

可能性は低くなりますが、画面割れ以外の故障についても補足します。夫婦で画面割れ以外のトラブルにそれぞれ年1回ずつ見舞われた場合は以下のようになります。

Apple care+の場合

Apple care+の場合
  1. Apple care+を2人分加入:43,600円
  2. その他修理費用:11,800円x2=23,600円
  3. 合計:67,200円

モバイル保険の場合

モバイル保険の場合
  1. モバイル保険に加入:700x12=8,400円
  2. 夫婦のiPhoneの修理:-124,600円(-64,800-59.800)
  3. 保険金請求:+94,800円(主端末64,800円+副端末30,000円リファンド)
  4. 合計:38,200円

ひろ

さすがに個人の過失でiPhoneを紛失してしまい、調達しなおす場合などを考えるとApple care+盗難・紛失プランに軍配が上がりますが、上記の通りクラウドの設定をしていれば紛失リスクは低いと思われるので、総合的に見て「モバイル保険」はお得な保険ということになります!

割と携帯を落としてしまうことが多いというあなたも!モバイル保険で快適なガジェットライフを手に入れましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!