私が【駐夫】になった理由とは?

プロフィール

はじめまして!
当ブログを運営している、ひろ@マレーシア駐夫(@HChuotto)です。

私の概要

現在ギリギリ20代のアラサー。大学卒業後、某日系製造業へ就職し、海外営業や事業開発におけるマーケティングを担当。グローバルな人材を目指しキャリアを積んでいたが、妻の海外赴任が決定し、休職しての同行を決意。現在マレーシア在住。

  • 出身   千葉県
  • 現住所  マレーシア・クアラルンプール
  • 家族   妻
  • 趣味   読書、ランニング、カフェ巡り

ブログを始めたキッカケ

妻の海外赴任が決まった時、前向きに色々な情報を調べ始めました。海外生活のこと、配偶者の駐在についていく上での準備事項などなど。しかし、出てくるのは、探せども探せども「駐妻」さん達のブログ。

え?駐夫ってこんなにいないの?」と気づいたのです。

余談ですが、日本企業もグローバルな規模でのビジネス対応をせざるを得なくなり、以前よりも海外出張や海外赴任の機会は増えていると感じます。

筆者も有り難いことに、入社一年目から海外出張の機会に恵まれ、いずれは海外駐在というポジションで仕事をしていました。実際、私の同期の女性も数人海外駐在しており、働き方改革なるものも推進されているようだし、着実に世の中も変わりつつあるんだなぁと感じていました。

しかし、世間の実態としては、男性の海外駐在についていくという夫婦はあっても、女性の海外駐在についていくという夫婦関係の実例が殆どありませんでした(※もちろん、潜在的にはいるのかもしれませんが、結果としてそれが顕在化はしていないと感じます)。

このことから、私は「日本のパートナーシップは、本質的な意味でアップデートされていない」と感じるようになりました。

私のポリシーの一つは「それがここになければ、自分で創る」です。ここで実例を作らなければ、今後も同様のカップルが悩み続けるのではないか?と思い、ブログという形でそれを発信していくことを決めました。

これから(ブログを通して)

当ブログを通して、私が成し遂げたいものは「日本のパートナーシップをアップデートする」こと。

そのため、当ブログでは以下の内容を書き綴っていきたいと思います。

  1. ”駐夫”という新しい選択肢の確立
  2. 今後の日本における夫婦の新しい形を創り、発信する
  3. 相互に充実した生活を送るためのライフハック

ちなみにブログ名の"Double Act"は、英語で"掛け合い漫才"という意味です。
漫才コンビのように夫婦が楽しく、充実した日々を過ごすための新しいライフスタイルや、情報などを発信する場でありたいという想いから命名しました。

我々夫婦はまだ子供はいないので、いわゆるDINKSDouble income no kids)です。お子さんがいらっしゃる方々の立場とはまた違いますが、少しでもご参考になる情報をお届けできるようにしてまいりたいと思います。

よろしくお願いいたします。