私が【駐夫】になった理由とは?

【海外在住者必見】日本のAmazonの商品を海外住所へ届ける方法

こんにちは!ひろ@マレーシア駐夫です。

日本では、買い物は殆どAmazonでしていたズボラな私。

勿論マレーシアでもモノはそれなりに揃うのですが、なんとマレーシアにはAmazonがないのです…他の大手通販サイトはあるのですが、やはりAmazonの圧倒的な使い勝手には及ばず殆ど使っていません。

今回どうしても入手したい本があり、日本でしか売っていないものなので、初めて日本のAmazonの「海外発送サービス」を使用してみました。

ひろ

結論から言うと、スポットで使うには大変オススメです。なんと注文から4日でマレーシアに到着しました!

Amazon海外発送方法

Amazon海外発送

操作はそれほど難しくありませんので、順を追ってご説明いたします。

海外発送フロー

STEP.1
商品選択

先ずは、いつも通り商品を選びます。

左サイドバー(商品の絞り込み)の一番下に、「海外配送」のボタンがありますので、こちらを押してください。

Amazon海外配送対象

これを押して、現れているものは海外配送対応商品だということになります。

注意
やはり食品など衛生状態が懸念されるものはNGのようです。それ意外は概ね配送可能だと思われます。
STEP.2
お届け先住所の選択

こちらは日本ではいつもご自身の家に設定していらっしゃると思いますが、配送先の国外の住所を追加する必要があります。

お届け先住所の選択をスクロールしていくと、「新しい住所を追加」がありますので、そちらの「新しい国外の住所を登録する」を選択してください。

国外住所の登録

こちらに新しい住所を登録していきます。週末に受け取れないなどの場合は、チェックを外します。登録したら、この住所に送るで次へ。

国外住所登録

STEP.3
発送オプションの選択

発送オプション確認(右側)で、以下2つのどちらかを選択します。

AmazonGlobal配送選択

オプションは以下の2種類があります。

  1. AmazonGlobal海外配送(プレミアム)(関税先払い)
  2. AmazonGlobal海外配送(スタンダード)(関税先払い)

「関税先払い」となっていますが、Amazonがすべて関税手続きを代行してくれるため、注文時には配送料+関税などの費用を見積もって請求されます。

発注時では実額が不明なので多少多めに見積もられてると思いますが、実際にかかった額がそれよりも少額だった場合、後日(60日後)返金があるようです。

STEP.4
商品の発注

あとは、いつも通り処理を進めていくだけです。ちなみに筆者は、今回3,000円の本を一冊購入しました。すぐに欲しかったので、今回はプレミアムで。

確定ボタンの下に配送料と関税手数料の合計が記載されています。

配送料

STEP.5
荷物到着
無事に荷物が届きました!資格試験の本なので、日本にしかないんですよね…助かりました。

荷物到着

配送料

配送料は地域と発送オプションによって異なり、配送1件ごとにかかる料金+商品1点ごとにかかる料金によって料金が決まります。

筆者の今回の書籍の場合、マレーシアへの書籍の配送ということで、900+300=1,200円で辻褄が合いますね。

配送料

組み合わせがありすぎるので、ここではすべてを書ききれませんので、以下で目安をご参照ください。

参考 海外への配送料Amazon

筆者は今回AmazonGlobal海外発送(プレミアム)のほうを使用したため、4日で到着しました。

スタンダードを選択した場合、6-10営業日かかるようです。急ぎの荷物でなければスタンダードでも良いと思いますが、数百円程度しか変わらないのでプレミアムをオススメします!

メモ
北米やヨーロッパの場合、Amazonのヘルプセンターを見てもプレミアムとエコノミーの場合分けがされていなく、配送時間はアジアのプレミアム並みなので、デフォルトでプレミアムの設定になっているのかもしれません。

ちなみに梱包の写真も取ろうと思ったのですが…

ひろ

梱包に使われてた箱って知らない?
え…!?あーごめん!捨てちゃった!

ひろ妻

ひろ

(ノ∀`)アチャー

ということで段ボールを妻に捨てられてしまいました…(笑) 妻いわく、日本のAmazonと同様にきちんとした梱包で届いたようです!


海外では入手できないけど、どうしても欲しいものがある…そんなときはAmazonに頼っちゃいましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!