拝啓 就活生様 ~新卒から海外営業なんてやめたほうが良いよ(序)~

こんにちは!ひろ@マレーシア駐夫です。

本稿は、新カテゴリーとして、私が日本で働いていた頃の話をしたいと思います。

私はマレーシアへ来る前、新卒から日系メーカーの海外営業・マーケティングとして約6年間働いてきました。メーカーを志す学生の方々から、海外営業について話を聞きたいと言われることが多く、海外営業とはどういった仕事なのか?私がこの数年で何を感じたか?などを、数回に分けてここに纏めたいと思います。長くなってしまいますがどうぞお付き合いください。全3回を予定しています。

以下の話は、私の経験談として、基本的には日本を拠点として出張ベースで海外へ行くという仕事が軸となりますので、ご了承ください。またあくまで個人的見解ですので、参考の一つとしてください。

駐夫の伝えたいこと

先ず最初に、私のこれまでのキャリアを簡単に説明します。

私は入社後、ヨーロッパ担当として海外業務のキャリアをスタートさせ、中国、台湾、韓国、東南アジア、北米などの当社で担当できる殆どの市場担当をしてきました。実際に数十回以上海外出張に行き、十カ国以上の国を渡ってきました。後述しますが、国内営業担当もしました。 

もちろんわずか数年のうちに、ここまで幅広いチャンスを与えてくれた会社には大変有り難く感じております。おかげさまで世界の至るところで多くのものを感じ、学ぶことができました。

海外営業に20代の大半を捧げた上で、私が伝えたいこと。

それは「新卒から海外営業なんて辞めたほうが良いよ」ということです。

海外営業とは(就活生が抱くイメージ)

本題に入る前に、就活中の学生の皆さんが海外営業にどのようなイメージを持っていらっしゃるか考えてみたいと思います。

海外営業

なんて華やかな響きでしょうか。字面だけ見ると、凄く輝いて見えますよね。まさに会社の花形!みたいな。

かく言う私もそうでした。就活生の時は、若いうちから海外で活躍したい!そう思っておりました。自分なりに自己分析や企業分析をしっかりと行い、まさにそれが可能な会社に入社しました。初海外出張は、研修明け直ぐの9月。サクセスストーリー!そう思いますよね。

自戒の念を持って改めて申し上げます。余程の天才的エリートでない限りオススメしません。例えば、以下の条件に当てはまる方は、新卒即海外営業でも問題ないかもしれません。※残念ながら、私には当該能力が十分にありませんでした。

  1. 英語又は市場に最適化された特定言語がビジネスレベルで堪能(ネイティブ又は準ネイティブクラス)なこと
  2. 天性のコミュニケーション能力やビジネスセンス(主観では判断できないと思いますが)があること 

2は例えば、学生時代にインターンシップやアルバイトなどで営業経験があり、正社員を凌ぐ金字塔を打ち立てた方など。

さぁ、話を戻すと、何故海外営業はオススメできないのか?

一言で言うと、世の就活生が思い描く海外営業の業務と実際の海外営業の業務に大きく乖離があるためです。

海外営業とは(実際の業務)

海外営業ってどんな仕事?

海外営業の仕事とは海外の販売会社・代理店の販促支援やオペレーションです。つまり、間接営業になります。

はい。大多数の就活生が思い描いている「自身が現地に行って、お客さんに直接提案するんや!」というような姿ではないのです。もちろんそういったことが可能な会社もあるでしょうし、運良くそういった職務を担当できる方もいると思います。

例えば、ベンチャーや大企業の新規事業など黎明期における過渡期の施策として、自ら海外出張を頻繁に行い、顧客と直接コミュニケーションするようなケースです。実際に私も一部そういったこともありました。

ただし、ここでは大企業の一般的な海外営業職と仮定した上で話を進めます。基本的に大企業の海外営業とは海外の販売会社・代理店の販促支援やオペレーションとなります。

メモ
余談ですが、大企業で出来上がった組織であるほど、合理的な営業活動を追求します。この合理性という観点において、もっとも合理的な形とは、「本社が何もしなくてもローカルで勝手に売上がる状態」です。売れる仕組み作り、まさしくマーケティングが目指すところですよね。つまり、本社の営業が莫大な販促コストをかけてまで海外出張をするには、それなりの”意義”が必要なのです。


それでは皆さんが新入社員として、海外営業のキャリアをスタートさせたとするとどのようなことが起こるでしょうか。次の投稿に続きます。